ユーザー車検費用お金を分かりやすく解説をする為のサイト。この機会にユーザー車検で費用を抑えて、浮いたお金で旅行にいこう

ユーザー車検で抑えられる費用

ユーザー車検に必要な費用は、2000ccの小型乗用車で67000円程度

重量税+自動車保険+検査手数料(1400円)+書類(30円)+α(部品代)ユーザー車検代

ユーザ-車検の費用計算のグラフ

「車検費用が〇〇円」という場合、『車検に要する全てをひっくるめた費用』の事ですが、その内訳は、重量税、自賠責保険料、24か月点検料(工賃)、部品代、代行手数料、あるいは洗車料金、等々になります。業者任せだとその他にも「予備検査料」とか「車両運送料」、はたまた「テスタ一代」といった名目で3000円とか2000円、あるいは5000円が追加されることがあります。素人にはわかりづらい費用体型です。

車検費用について

1.【法定費用】 重量税や自賠責保険料など
2.【その他】 車検整備費用や代行手数料など

その他費用は、車検に出した整備工場やディーラーに支払っているお金です。
『ユーザー車検』というのは、法定費用を除く、車検整備費用などを自分でやることによって費用を抑えることで、不明瞭な費用も不要な分、費用が抑えられます。
このユーザー車検の点検は、とくにクルマのメカに強くなくてもできるので問題はないでしょう。

自動車重量税一覧資料自動車重量税一覧資料
自賠責保険料の資料自賠責保険料の資料

重量税                 自賠責 保険

スポンサードリンク